Profile

マダム ヒロコ : 金島 博子
トータルファッションコーディネーター

29歳でオリジナルブランド「マダムヒロコ」を設立し、
ハンドバッグデザイナーとして活躍。
45歳でメイクの世界にも関わり、
トータルファッションコーディネーターとして独立。
現在、ショップチャンネルなどテレビや雑誌においても活動中。

【Madame Hirokoブランドプロフィール】

「マダムヒロコ(Madame Hiroko)」ブランドは、1978年に金島博子が「市販にはない、自分が最も使用しやすく、オシャレに持てるバッグが欲しい」、という思いから、当初は自分使用のバッグをデザインしたことがブランド創設のきっかけです。
ただ本人も結婚、家事、子育てにと忙しく毎日を送る中、「マダムヒロコ」としての活動は滞っていたものの、その創作意欲だけは失うことはなく、ご近所、お友達へ薦めるうちに、口コミでちょっとした評判のブランドに!!

子育ても一段落し、素敵な女性として活動がしたいという願望が根強くあり、
2004年に「マダムヒロコ(Madame Hiroko)」ブランドとして、本格的に活動を開始しました。
バッグをメインアイテムとしてプロデュースしていましたが、2005年ショップチャンネル様と出会ったことで、アパレル関連~シューズまでトータルプロデュースを行うようになり、ファッションブランドとして、スタイリングのアドバイスと共におしゃれの楽しみを皆様へお届けしています。

【これまでの歩み】

1949年

広島に生まれる。

1971年

東京造形大学造形学部テキスタイルデザイン科卒業。

広島テレビ美術課に席を置き番組進行等に関わる。

1972年

結婚。

子育ての間、幅広くネットワークを広げる。

1978年

「株式会社山直」においてハンドバッグオリジナルブランド「マダムヒロコ」を設立し、ハンドバックデザイナーとして活動を開始。
同時進行で30~40才迄の10年間、雑誌のモデル経験の中で美しく装うにはトータルでコーディネートする必要性を感じ、45才でメイクの世界にも関わる。

1995年

ビジネススクールにてヘッドインストラクター、及びゼネラルマネージャーを兼任する。
(有名化粧品・美容学校・専門学校等のメイク主任講師を務め、各種映像、雑誌のメイクページを担当する)

2000年

トータルファッションプロデューサーとして独立する。

2001年

メイクからファッション迄をトータルでタイムリーに伝える「おしゃれ講座」を開設し、活動する。
ハンドバッグ業界において、有名セレクトショップ、有名店ブランド他、アパレル業界等のオリジナルブランドとしてハンドバッグデザインの企画・営業・納品迄に関わる。

2002年

「有限会社デサンコータコート」設立。
代表取締役として活動開始。

2003年

通販雑誌(JAL・ANAの機内誌、家庭画報、クレジット会社、VISA・UC等)
HIROKO KANESHIMAブランド商品を掲載する。
台東区役所において企業研修パネラーを務める。
専門学校スタイリスト科、及びメイク科において講師を務める。

2004年

株式会社クラレの依頼により、ブランド「マダムヒロコ」にてボディバッグをプロデュースする。

2005年

株式会社JALUXのオリジナルシューズをクラレ素材にてプロデュースする。
(株)ジュピターショップチャンネルにて「マダムリボントート」をオンエア、販売開始。

2006年 5月

(株)ジュピターショップチャンネル「セレブ特集」においてブランド「マダムヒロコ」デビュー。活動開始。

2007年

テレビや雑誌において活動する。

2008年 11月

客船「飛鳥」にて「おしゃれ講座」。

2009年

1月2月号 JAL機内販売 ”旅行用携帯美軽新型シューズ 販売開始

2010年

マダムヒロコ5周年を迎える。

2011年

ショップチャンネル様においてカリスマゲストとして活躍。

2012年

各有名百貨店様にてリミテッドショップイベント開始。
大手雑誌カタログ通販様にて掲載開始。

2017年

現在に至る。